November 20, 2019

November 18, 2019

November 12, 2019

July 24, 2019

Please reload

最新記事

こんばんは。

太田ですよ〜

今日は美術科の花澤研究室の新歓におじゃましてきました!

毎年、花澤研究室では12月ごろに『ふれる・もつ・かんじる展』を開催しています。

一昨年から小林研究室としても参加させていただいており、そのご縁で忘年会にもご一緒させていただいていました。

ほぼ部外者なのにいいんだろうか・・・と...

花澤研の新歓にお邪魔してきました!

May 15, 2019

1/6
Please reload

特集記事

渋滞を科学してみちゃう?

October 25, 2018

こんばんわノ

 

今日は、慶應義塾大学で開催された、西成活裕先生の、渋滞学のサイエンスとその解消法、という講座に研究室のメンバーで参加しました!

 

本当に驚きの連続で、とてもおもしろかったです!!!

 

一緒に行ったメンバーも、大興奮で、帰りもテンションマックスでした~

 

おもしろかったお話を簡単に紹介します。

 

渋滞、というとみなさんは何を思い浮かべますか?

普通は、車を思い浮かべるかと思います。

渋滞学で対象にするのは、

車に限らず、イベントでの人の混雑、物流など、社会の様々現象です。

 

それらに対して、混雑の緩和や渋滞の解消を目指しています。

 

もともとは、1910年代に電話が普及し始めた頃に考えられ始めました。当時、多くの人々が電話を使用したため、回線が混雑して繋がりにくくなったそうです。それを解消しようとして、渋滞学のもとの理論である、オペレーションリサーチという理論が考えられました。

 

しかし、設定が簡単すぎたために、車などに適応するのに限界がありました。

 

その後、1993年頃にある数学者により、画期的な手法が提案され、渋滞の問題を解く手法が確立されました。

 

西成先生は、その手法の有用性をいち早く発見し、様々な現象について考察していったそうです。

 

すると、自然界には渋滞しない生き物がいることを発見しました。

その動物が、、、アリ!

 

アリは、渋滞を起こさないある『コツ』を知っているそうです。

 

この『コツ』をもとに、高速道路の渋滞を考えると、渋滞の原因が分かりました。

 

それが、車間距離が詰まる、ということ。

詳しい説明は省きますが、この車間距離がある値を超えると、車の流れが急激に悪くなり、渋滞が発生します。

 

なんと!車の渋滞もきちんと定義できるとは、、、

感動でした。

 

その後も、様々な分野への応用を紹介してくださいましたが、どれも胸が躍る内容でした!

 

渋滞学、、、可能性の塊!!!

 

とりあえず、西成先生の著作を読んで、勉強しよう、、、

読者の皆さんも、ぜひ西成先生の著作を読んでみてください!

 

ではノ

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索