November 20, 2019

November 18, 2019

November 12, 2019

July 24, 2019

Please reload

最新記事

こんばんは。

太田ですよ〜

今日は美術科の花澤研究室の新歓におじゃましてきました!

毎年、花澤研究室では12月ごろに『ふれる・もつ・かんじる展』を開催しています。

一昨年から小林研究室としても参加させていただいており、そのご縁で忘年会にもご一緒させていただいていました。

ほぼ部外者なのにいいんだろうか・・・と...

花澤研の新歓にお邪魔してきました!

May 15, 2019

1/6
Please reload

特集記事

研究紹介:時空の離散化

June 4, 2019

こんにちは、M2の佐野です。

もう6月になり、そろそろ梅雨が近づいてきました。

研究室もそろそろ湿気が多めになってきたので、

どうにかしなければと思う今日この頃です。

 

さて、今回は時空の離散性についてお話します。

現在我々がいるこの世界は、疑いもなく連続なものだと感じています。

というよりも、離散的、つまり穴ぼこだらけだなんて思ったこともないですよね。

 

でも、実は宇宙初期のエネルギーや温度がかなり高かった時には、

時空そのものが離散的だったのではないか?と示唆されています。

 

というのも、

宇宙初期は宇宙そのものがとても小さかったため、

ミクロの世界を記述する量子力学と

重力について記述する相対性理論を合体させた

量子重力理論というものを考えなくてはいけません。

(これはまだ完成してない理論です)

この量子重力理論を考えると宇宙初期の次元が

現在の(3+1)次元と比べて低かったと示唆されています。

例えば、CDT(因果的動的単体分割:時空自体を三角で分割して考えるもの)では

有効次元が2次元時空になると示唆しています。

 

では、この次元の低下と離散はどのように関係しているのでしょうか

例として、空間2次元を考えてみましょう。

連続的な面上では、当たり前ですがどの方向にも行くことができます。

それでは、離散的ならどうでしょう。

離散的な2次元面として、下図を考えてみましょう。

これは、シェルピンスキーのギャスケットというものです。

(興味のある方はどういう図形か調べてみてください)

 

白い三角の部分がすべて穴なので、連続的な時と比べて行ける方向が限られてきます。

つまり、2次元ほどの自由度はないということになります。

ただ、1次元よりは行ける範囲、つまり自由度は高いです。

実際に次元(今回はハウスドルフ次元)を計算してみると、

約1.6次元となります。

 

これらのことから、

宇宙初期の有効次元が低く、

それは時空が離散的になっていたからではないか

と考えることができます。

 

(詳しくは以前のブログで書いているので、もしよければご覧ください!)

 

 

今回は空間が離散的であると考えていましたが、

時間が離散的であってもおかしくない。

むしろ、相対論的には時間と空間は等価に扱うので、

時間も離散的なのではないか?

ということで、

最近は時間結晶という物質について考えているのですが、

それについてはまた次の機会に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索